【薬に頼らない治療】ナチュラル心療内科のブログ

三ノ宮駅から徒歩5分 ナチュラル心療内科クリニックのブログです。

実験医学と経験医学

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

世界中には実に多くの治療法や健康法があります。世界保健機構(WHO)の調査でも、世界人口の65~80%の人々が、その国の伝統医学や補完代替医療で健康管理されているという結果が出ています。もし近代西洋医学だけが唯一の信頼できる医療ということであれば、人類はとうの昔に滅びていることでしょう。

科学的検証を行う実験医学として、19世紀から20世紀にかけて発展してきた近代西洋医学に対して、伝統医学や補完代替医療においては、数千年という時間とその間に地球上で生きてきた数え切れない多くの人々を使った人体実験の結果、有効性と安全性が高いものだけが今に残ってきた経験医学と考えることができます。

世界各国に存在する数千年単位の歴史のある様々な伝統医学に比べると、近代西洋医学は最初に全身麻酔が米国で行われてからわずか170年の歴史しかありません。それ以前の昔の人々の健康管理は、昔から行われてきたその国や地域の伝統医学や民間療法で行われてきたのです。

休息とエネルギー再生

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

自己治癒力により症状や病気が治っていくプロセスには、多くのエネルギーを必要とします。それにもかかわらず仕事を継続すると、エネルギーを治癒のために十分使うことができなくなってしまいます。本来、病気になれば休むというのが自然のリズムで動物はみんなそれをしています。

病気になっても薬を飲みながら仕事をしているのは人間ぐらいです。ストレスが影響している病気も、自然のリズムに従うならばストレス環境からまず離れることが大切であり効果的なのです。環境の変化に適応して行動しようとする動物としての人間の脳は、絶えず外部からの情報に従ってプログラムを変化させています。

脳は「自律性を持つコンピューター」のようなものですから、ストレスのない環境の中で生活をすることにより、自然とその状態に合わせて変化をし始めるわけです。安全で安心できる時間と場所があって初めて休むことができ、エネルギーを充電して翌日も元気に生活することができるのです。この、エネルギー再生システムとしての休息が上手く取れているかどうかが、健康にとっての鍵となります。

症状の意味

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

近代西洋医学では、熱が出れば解熱薬で下げる、炎症や痛みがあれば消炎鎮痛剤を出す、などのように症状を軽減したり消し去るために薬を処方したりしています。しかし、実際には症状は意味があって起こっていることが多いのです。例えばウイルスは熱に弱く、38~39℃の熱が出るとそれ以上増えることができなくなります。

また身体の免疫機能も少し熱が出ている状態で、最も効率的に働くことができるようになっています。すなわち、身体が熱を出すことによってインフルエンザや風邪のウイルスを抑え込んで排除しようとしているのです。ですから、最初は熱さましを飲むよりも、水分を十分補給して身体を温めることが重要となります。

そうすることで、発汗作用を促し必要以上に熱が上がることを防ぐことができます。風邪を引いたときの昔ながらの養生法として、生姜湯を飲んで身体を温めてぐっすり睡眠をとったり休養したりすることは、身体が本来持っている自己治癒力(自然治癒力)を高め、病気を速やかに経過させるための昔の人の智恵だったわけです。

対症療法と原因治療

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

本来であれば、原因を解決することが根本治療になるのですが、一般的な病院では薬で症状を抑えるだけの治療が中心となります。例えば、頭痛の原因が長時間の同じ姿勢によるパソコン作業であれば、人間工学的な観点から、症状が起こらない姿勢での作業方法を指導する必要があります。

しかし現実的には、どうような姿勢で長時間作業をすることで身体のどの部分の筋緊張が過剰になり、その結果今の症状が起こっているということを説明し、その対策として何をすれば良いのかといった具体的な方法を教えるといったことは行われず、単に鎮痛剤・筋弛緩剤・抗不安剤・抗うつ剤などの薬が処方されます。

何度も繰り返しますが、今の薬物療法中心の医学は、原因治療ではなく結果としての症状を緩和したり取り除いたりという対症療法が中心の医学です。最終的な治癒はほとんど本人まかせであり、原因となっている「行動」「思考」「栄養」などが改善されるまで、症状は続くことになるのです。

痛みのもう一つの役割

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

検査で異常が見つからない痛みの場合は、本人の訴えが本当であるという前提のもとに薬が処方されます。逆にどんなに痛くても、痛みや苦痛を口に出すのは自分が弱いからであり我慢すべきだと子供の頃から教え込まれていると、本当は痛くてもいつもニコニコ顔で無理して働き続けたりします。

そのため周囲の人たちにとっては、痛みは存在しないことになり、本人が倒れて初めて気づくということも起こったりします。そういう意味では、痛みはコミュニケーションという役割も併せ持っていることになります。このようなことから、同じ症状を訴えていても、その原因や程度は皆違っていることになるのです。

また、痛みが起こる身体的原因があったとしても、痛みの感じ易さは人によって異なり、同じ人でも心の状態で変化します。専門的には「疼痛閾値」という表現をしますが、不安・緊張・抑うつ気分などがある場合は疼痛閾値が下がるため、そうでない時より痛みを感じ易くなると言われています。

自覚症状は主観の世界

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

身体の症状と違って精神症状の場合は、診察と心理テストが中心となり、身体の病気のような客観的な検査はほとんどありません。身体の異常からきている精神症状の場合は、CTやMRIや脳波などの検査ができますが、身体的には問題ない不安や抑うつ気分などの症状は、患者さんの訴えや表情を手がかりに薬を処方します。

身体の病気でも、検査で異常が見つからないような痛みや倦怠感などの症状は、全て主観的な情報を頼りに治療を進めていくことになります。特に慢性の原因不明の痛みについては、痛みを抑えることが治療の目的となり鎮痛剤が処方されたりします。そのため、長期間薬を飲み続けることになってしまうのです。

明らかな怪我や検査でがんや潰瘍などの異常が判明すれば、その痛みの原因と考えて治療が可能となります。痛みの程度を客観的に測定する方法はまだ見つかっていません。そのため、原因が見つからなくても本人が「痛い」と訴える限り、その言葉に従って病院は痛み止めを処方することになります。

医学は科学的?

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

医学は科学的でなければならないと一般的に考えられていますが、実は今の科学のレベルでは、人の健康や病気のごく一部しか解明されていないのです。特に患者さんが訴えられる症状は極めて主観的な世界です。その症状を手がかりにさまざまな検査をして、その原因を突き止め治療しようとするわけです。

通常、主観的情報である自覚症状と客観的情報である検査データの2つの要因を考慮していくことになるのですが、現在一般的な病院で行われている検査では異常が見つからないことも多く経験します。診察でも異常所見がなく検査結果も問題ないとなると、自覚症状のみで診断名をつけて薬を処方することになります。

例え検査で異常が見つかったとしても、それは結果として身体の中で起こっている変化であり原因ではありません。近代西洋医学が対症療法中心のアロパシー医学であるのは、結果として起こっている心身の変化しかわからないからであり、その変化を異常と考え取り除くことを治療としているからです。

低血糖と自律神経

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

エネルギーの材料として大切な糖は、血液により身体の全ての細胞に送り届けられています。その血液中の糖の量(血糖値)は、通常空腹時には約80~110mg/dlが適正値とされており、食事やストレスなどでその値が一時的に変化します。人の細胞は、血糖値がおおよそ100mg/dl前後で最適な働きをすることができるのです。

身体にとって必要な3大栄養素の中で、血糖値を上昇させるのは糖質(炭水化物)です。タンパク質や脂質はエネルギー源となりますが、血糖値はほとんど変化させません。この糖質による食後の高血糖と、その後のインスリン分泌による反応性の低血糖が自律神経のバランスを崩してしまいます。

低血糖状態になると細胞が働かなくなってしまうため、身体の中で血糖値を上げるホルモンが分泌されます。特に、副腎から出てくるアドレナリンやコーチゾルなどのストレスホルモンは、低血糖状態を防いでくれますが、同時に交感神経の過緊張状態も引き起こし、動悸や不安、息苦しさや冷汗といった症状の原因となります。

栄養療法という選択肢

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

栄養が不足する食生活を毎日続けていると、細胞やエネルギーの再生が不十分となりストレスに対する抵抗力も落ちてしまいます。本来だったら十分頑張れるストレス環境だったとしても、脳も含めた身体機能が低下していることで乗り切ることが難しくなったりするのです。

薬物療法は、さまざまな要因の結果として起こっている脳の中の変化を改善することを目標とします。本来の原因となる要因は今の薬では解決できません。そのため、原因が改善されていない限り、薬を飲まなくなれば再発したり症状が悪化したりするわけです。

栄養不足が原因であれば、それを解決することが根本治療になるにもかかわらず、今の日本での保険診療での標準治療では、結果としての症状を薬でコントロールすることが中心となっているため、いつまでも薬を飲み続けなければならず、減薬や断薬といったことも難しくなってしまうのです。

細胞の材料は栄養素

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

米国ではナチュロパシー(自然医学)という専門領域があり、健康と病気における栄養バランスを重視しています。身体の細胞は食べ物を材料としてつくられているわけですから、当然材料を変えてやると体質も変わるはずです。脳の細胞も当然その影響を受けます。

脳の働きに問題があるというのであれば、脳神経細胞の材料としての食べ物もその治療においては重要な鍵になってくるのです。ところが今の時代は、冷凍食品やインスタント食品などの加工食品が多く、食べてはいるけれど栄養の必要摂取量は昔に比べるとかなり減っていると言われています。

一般的に、「旬のものを丸ごと食べる」のが健康に良いとよく言われています。これは、旬のものは一番その食材の栄養価が高いということなのです。それを丸ごと食べることによって、できるだけ効率よく栄養の摂取ができるわけですが、加工食品は栄養のないものも含めて食品としているので、同じ100グラムを食べたとしても実際に栄養となる量は、すごく少ないわけです。