【薬に頼らない治療】ナチュラル心療内科のブログ

三ノ宮駅から徒歩5分 ナチュラル心療内科クリニックのブログです。

バイオフィードバック

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

ストレスに対して自分の心と身体がどのように反応するのかがわかれば、自分自身でコントロールできます。例えば血圧を測定して高い時には、深呼吸をしてから再度測定すると下がっているということはよく経験することです。このように、その時々の心身の状態をその場でリアルタイムに知ることができれば、実は自分自身でそれを変えることが可能となります。このような方法をバイオフィードバックと言います。

バイオフィードバックとは、通常は自覚することが難しい自分自身の生理反応を、測定装置により数値やグラフ、画像や音などの理解できる情報としてリアルタイムに確認することで、心身の状態をセルフコントロールできるようにトレーニングしていく方法です。1960年代に自律神経系反応のオペラント条件付けが可能であることが報告されて以来、行動療法の一技法として欧米を中心に研究と臨床応用が試みられてきました。

その原理は、専門的になりますが学習理論・サイバネティックス理論・精神生理学などにより説明されています。また臨床的には、心身相関への気づきや認知(自己効力感や原因帰属など)の変容を促す効果が認められており、一般的な心理療法やカウンセリング、各種代替療法と組み合わせて使われます。米国では臨床心理士・カウンセラー・看護師・理学療法士・代替療法専門家などを中心として広く用いられています。

昼休みの効能

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

昼休みは食事をするためだけの時間ではありません。コンビニで買ってきたおにぎりやパンで簡単に済ませてしまったり、食べながら仕事を続けたりすると、午前中のストレスや緊張をそのまま午後まで引きずってしまいます。また、午前中に消耗したエネルギーが再生回復していないため、午後からの仕事の効率が下がり、終業後も疲れが一気に出てきて何もする気が起こらなくなったりしてしまいます。

ゆっくりとよく味わいながら食事をすると、唾液を分泌し胃腸の働きを活発にする副交感神経が働くことでエネルギーが再生されます。昼休みは、午前中のエネルギーを消耗する交感神経優位の状態から、エネルギーを再生する副交感神経優位に切り替える絶好のチャンスでもあります。五感を使いゆったりとした気分で食事に集中するマインドフルな食べ方をすることで、午後からの仕事に必要なエネルギーが充電できるのです。

食後も直ぐに仕事を開始するのではなく、少し散歩したり軽い運動をしたりして気分転換してから始めるといいでしょう。特に長時間座りっぱなしのデスクワークの後は、積極的に身体を動かすことで交感神経の過緊張状態をリセットすることができます。動物としての人間にとって、身体を動かしている方がより自然であり、じっと座りっぱなしの状態は、それだけでストレスがかかっていることになるのです。

こまめにエネルギーチャージ!

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

自分専用パワースポットはどんな場所でもかまいません。喫茶店、書店、公園、神社、寺院、ショップ、スポーツジム、文化教室など、毎日の生活での活動範囲で休日や仕事の帰りなどに立ち寄ってみましょう。普段は通過してしまう通勤途中の駅で降りて探してみるのも良いでしょう。最初はどこが良いのかわからないこともあるかと思いますが、まず足を運んでみて現地で判断すればいいのです。

歩いて探すことで運動になります。普段と違った風景を見ることになるので、旅行と同じように気分転換にもなります。『自分専用パワースポットガイドブック』は、楽しみながら作っていくことでその作業自体がエネルギーを再生してくれる効果があります。さらに、その出来上がったガイドブックをいつも持ち歩き積極的に活用することで、消耗してもその都度すぐにエネルギーの充電をすることができます。

ストレス解消のポイントは、ため込まずにできるだけ小まめにリセットして消耗したエネルギーを再生しておくことです。一日中根を詰めて休むことなく仕事をし続けると、一日の終わりには疲れ果てグッタリした状態となり、日中の交感神経系優位な状態も切り替わらず眠れなくなってしまいます。午前中の疲れやストレスは昼休みに解消しておくことで、午後からも元気に効率よく仕事をすることが可能となるのです。

自分専用パワースポット

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

子供の頃に学習された自律神経系のストレスへの反応性は、その後の人生での多くの経験を通して再学習され変化していきます。安全で安心できる環境は、その再学習のプロセスにおいて自律神経のバランスを整える手助けとなります。五感を通じて心地良い感覚を感じることで、リラックスモードの副交感神経が優位になり、エネルギーが再生され疲れが回復したりストレスが解消されたりするようになっていきます。

日常生活の中で「安全で安心できる環境」は、毎日を健康的に過ごすための重要なポイントとなります。消耗したエネルギーを効率よく再生充電することで、ストレスを乗り越え健康を回復することができるように、日頃から自分専用のパワースポットを探しておくことをお勧めいたします。その場に行くだけで気持ちが落ち着いたり元気になったりするような場所や、気分転換になる趣味や運動などを見つけておきましょう。

その場合、日常的にすぐに行くことができる場所をまず探してみましょう。例えば自宅や職場の周辺、通勤途中など、すぐに立ち寄ることができる範囲で実際に行ってみて決めていきます。専用ノートを一冊作り、その場所に行ってみて、良ければ自分専用パワースポットということで記録していきます。その場の写真を貼ったりコメントを書き込んだりしていくことで、『自分専用パワースポットガイドブック』が出来上がります。