【薬に頼らない治療】ナチュラル心療内科のブログ

三ノ宮駅から徒歩5分 ナチュラル心療内科クリニックのブログです。

アクティブ(活性)プラシーボ

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

副作用も同じように起こる偽薬としてアクティブ(活性)プラシーボがあります。これは、副作用を模倣する偽薬で、抗うつ剤を服用したことで起こりうる眠気や倦怠感などを、別の薬効成分で起こるようにしたものです。例えば抗アレルギー剤の成分で偽薬を作ることで眠気や倦怠感も感じることができるのです。

プラシーボ効果を高めるためには本物の薬だと信じ込むことが重要であり、現在の無作為二重盲検法による薬の評価では、副作用を感じることで本物だと信じ治療効果への期待感も高まり、薬効以外のプラシーボ効果も増強して本物の薬の方がより効果があるという結果が出ているのではないかという意見もあります。

2004年のコクランのシステマティック・レビューという世界的にも信頼性の高い研究報告では、この副作用も模倣したアクティブ・プラシーボを使った研究結果では、抗うつ薬と偽薬の間で有効性の違いは認められなかったと報告されています。しかし製薬会社での臨床治験では、このような副作用も模倣した偽薬は用いられていません。

偽薬を使った研究の落とし穴

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

無作為二重盲検法による薬の実際の効果の検証においては、それに参加する患者さんにも本物と偽物の2種類の薬が混ざっているということが最初に説明されます。そのどちらを自分が飲むかは、医師も患者さんもわからないということで、薬の効果が客観的に判定できるということになっています。

しかしこれでは、本当の意味でのプラシーボ効果は正確に判定できないのです。すなわち、患者さんはもしかしたら偽薬を自分が飲んでいるかもしれないという疑いの思いを持つ可能性もあり、そうなると心から信じ込んで飲んだ場合に比べてプラシーボ効果の結果が低く出てしまうことになります。

それでは、どうやって患者さんは本物の薬と偽薬を区別することができるのでしょうか。それまでに他の抗うつ剤を飲んだことがある患者さんは、その副作用としての眠気や倦怠感などを経験しています。もし飲んだ治験用の錠剤が偽薬の場合、副作用を感じないということで偽薬と疑ってしまう可能性があるのです。

信じる力(プラシーボ効果)

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

病気の治癒に影響を及ぼす要因として「信じる力」があります。薬物療法の世界では一般にプラシーボ効果(偽薬効果)と言われ、新薬の臨床治験で行われる無作為二重盲検法という研究手法では、薬効成分が入っていない同じ形をした乳糖などで作られた偽薬(プラシーボ)が使用されます。

新薬の研究では、薬の効果を検証する時に比較対象のために偽薬を使います。これは、薬効の一部にはプラシーボ効果が含まれているというということがわかっているからです。これは、薬を飲めば治ると信じることで、実際に症状が改善したり病気が治ったりすることがあるということを示しています。

特に抗うつ剤においてはこのプラシーボ効果が高いと言われ、平均すると約40%の人が抗うつ剤と信じて偽薬を飲んで効果があったという研究結果が出ています。最近の研究でも、プラシーボ効果を除いた抗うつ薬そのものの薬理効果としては、5人から10人に一人の割合でしか効いていないということが報告されています。

各国の伝統医学

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

世の中にある全ての情報量の99.9%以上は知らないことばかりであるとよく言われていますが、実際個人が知り得る情報というのはごく限られているのです。医療においても同様で、今の日本で受けることができる保険診療の治療というのは、世界中にある様々な方法のごく一部に過ぎません。

中国には中医学、韓国には韓医学、中東にはユナニ医学、インドにはアーユルベーダ医学と、世界各国にはその国特有の伝統医学が存在します。それ以外にも、その土地に伝承されてきた多くの民族医学があり、それらにより昔の人々は健康管理や病気治療を行ってきたのです。

現在では宗教的儀式と分類されている祈祷や瞑想なども、過去においては人々のヘルスケアシステムとして機能していました。元々は科学的根拠も何もわからず、ただ経験の中で昔の人々が見つけ試行錯誤しながら発展させてきた伝統医学ですが、近代西洋医学においても伝統医学と同じような要因がその治療効果の中で認められます。

実験医学と経験医学

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

世界中には実に多くの治療法や健康法があります。世界保健機構(WHO)の調査でも、世界人口の65~80%の人々が、その国の伝統医学や補完代替医療で健康管理されているという結果が出ています。もし近代西洋医学だけが唯一の信頼できる医療ということであれば、人類はとうの昔に滅びていることでしょう。

科学的検証を行う実験医学として、19世紀から20世紀にかけて発展してきた近代西洋医学に対して、伝統医学や補完代替医療においては、数千年という時間とその間に地球上で生きてきた数え切れない多くの人々を使った人体実験の結果、有効性と安全性が高いものだけが今に残ってきた経験医学と考えることができます。

世界各国に存在する数千年単位の歴史のある様々な伝統医学に比べると、近代西洋医学は最初に全身麻酔が米国で行われてからわずか170年の歴史しかありません。それ以前の昔の人々の健康管理は、昔から行われてきたその国や地域の伝統医学や民間療法で行われてきたのです。

休息とエネルギー再生

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

自己治癒力により症状や病気が治っていくプロセスには、多くのエネルギーを必要とします。それにもかかわらず仕事を継続すると、エネルギーを治癒のために十分使うことができなくなってしまいます。本来、病気になれば休むというのが自然のリズムで動物はみんなそれをしています。

病気になっても薬を飲みながら仕事をしているのは人間ぐらいです。ストレスが影響している病気も、自然のリズムに従うならばストレス環境からまず離れることが大切であり効果的なのです。環境の変化に適応して行動しようとする動物としての人間の脳は、絶えず外部からの情報に従ってプログラムを変化させています。

脳は「自律性を持つコンピューター」のようなものですから、ストレスのない環境の中で生活をすることにより、自然とその状態に合わせて変化をし始めるわけです。安全で安心できる時間と場所があって初めて休むことができ、エネルギーを充電して翌日も元気に生活することができるのです。この、エネルギー再生システムとしての休息が上手く取れているかどうかが、健康にとっての鍵となります。

症状の意味

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

近代西洋医学では、熱が出れば解熱薬で下げる、炎症や痛みがあれば消炎鎮痛剤を出す、などのように症状を軽減したり消し去るために薬を処方したりしています。しかし、実際には症状は意味があって起こっていることが多いのです。例えばウイルスは熱に弱く、38~39℃の熱が出るとそれ以上増えることができなくなります。

また身体の免疫機能も少し熱が出ている状態で、最も効率的に働くことができるようになっています。すなわち、身体が熱を出すことによってインフルエンザや風邪のウイルスを抑え込んで排除しようとしているのです。ですから、最初は熱さましを飲むよりも、水分を十分補給して身体を温めることが重要となります。

そうすることで、発汗作用を促し必要以上に熱が上がることを防ぐことができます。風邪を引いたときの昔ながらの養生法として、生姜湯を飲んで身体を温めてぐっすり睡眠をとったり休養したりすることは、身体が本来持っている自己治癒力(自然治癒力)を高め、病気を速やかに経過させるための昔の人の智恵だったわけです。

対症療法と原因治療

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

本来であれば、原因を解決することが根本治療になるのですが、一般的な病院では薬で症状を抑えるだけの治療が中心となります。例えば、頭痛の原因が長時間の同じ姿勢によるパソコン作業であれば、人間工学的な観点から、症状が起こらない姿勢での作業方法を指導する必要があります。

しかし現実的には、どうような姿勢で長時間作業をすることで身体のどの部分の筋緊張が過剰になり、その結果今の症状が起こっているということを説明し、その対策として何をすれば良いのかといった具体的な方法を教えるといったことは行われず、単に鎮痛剤・筋弛緩剤・抗不安剤・抗うつ剤などの薬が処方されます。

何度も繰り返しますが、今の薬物療法中心の医学は、原因治療ではなく結果としての症状を緩和したり取り除いたりという対症療法が中心の医学です。最終的な治癒はほとんど本人まかせであり、原因となっている「行動」「思考」「栄養」などが改善されるまで、症状は続くことになるのです。

痛みのもう一つの役割

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

検査で異常が見つからない痛みの場合は、本人の訴えが本当であるという前提のもとに薬が処方されます。逆にどんなに痛くても、痛みや苦痛を口に出すのは自分が弱いからであり我慢すべきだと子供の頃から教え込まれていると、本当は痛くてもいつもニコニコ顔で無理して働き続けたりします。

そのため周囲の人たちにとっては、痛みは存在しないことになり、本人が倒れて初めて気づくということも起こったりします。そういう意味では、痛みはコミュニケーションという役割も併せ持っていることになります。このようなことから、同じ症状を訴えていても、その原因や程度は皆違っていることになるのです。

また、痛みが起こる身体的原因があったとしても、痛みの感じ易さは人によって異なり、同じ人でも心の状態で変化します。専門的には「疼痛閾値」という表現をしますが、不安・緊張・抑うつ気分などがある場合は疼痛閾値が下がるため、そうでない時より痛みを感じ易くなると言われています。

自覚症状は主観の世界

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

身体の症状と違って精神症状の場合は、診察と心理テストが中心となり、身体の病気のような客観的な検査はほとんどありません。身体の異常からきている精神症状の場合は、CTやMRIや脳波などの検査ができますが、身体的には問題ない不安や抑うつ気分などの症状は、患者さんの訴えや表情を手がかりに薬を処方します。

身体の病気でも、検査で異常が見つからないような痛みや倦怠感などの症状は、全て主観的な情報を頼りに治療を進めていくことになります。特に慢性の原因不明の痛みについては、痛みを抑えることが治療の目的となり鎮痛剤が処方されたりします。そのため、長期間薬を飲み続けることになってしまうのです。

明らかな怪我や検査でがんや潰瘍などの異常が判明すれば、その痛みの原因と考えて治療が可能となります。痛みの程度を客観的に測定する方法はまだ見つかっていません。そのため、原因が見つからなくても本人が「痛い」と訴える限り、その言葉に従って病院は痛み止めを処方することになります。