【薬に頼らない治療】ナチュラル心療内科のブログ

三ノ宮駅から徒歩5分 ナチュラル心療内科クリニックのブログです。

不安な自分の特徴(癖)

natural-blog, · カテゴリー: 未分類

「不安な自分」というのは、現在のことではなく過去や未来のことを色々と思い悩む癖があります。また自分の価値判断基準が絶対的だと思い込み、「~に違いない」「~べきだ」「~ねばならない」などと物事の善し悪しを評価し決めつけてしまう傾向があります。実は、これらの癖を持っていることが、ストレスを感じる大きな原因となっているのです。

タイムマシーンでもなければ過去に戻ることも未来に行くこともできないにも関わらず、「不安な自分」は脳の中では今の自分にはどうすることもできない過去や未来のことについて考え、後悔したり思い悩んだりしています。現実には不可能なことを考えてしまうのでエネルギーをものすごく消費してしまうのです。

これを防ぐためには、「不安な自分」が考え事をしていることに気づき、今この瞬間の現実の世界に意識を戻すトレーニングが必要で、「冷静な自分」がその主役となります。「冷静な自分」というのは、物事を客観的に観察することができます。観察する対象は、今この瞬間に目の前で起こっている現実の出来事や、自分自身の心と身体の状態です。